Topic outline

  • General

    北海道大学水産学部おしょろ丸海洋調査部 今井圭理、小熊健治、澤田光希


  • CTD採水システム

     CTD採水システムは有線式CTDと採水装置、採水器を組み合わせたもので、水温・塩分の鉛直分布を計測すると共に、計測値をモニタしながら任意層の海水を採取する観測システムです。

    CTD採水システム

    1 CTD観測風景 (CTD採水システム水中局が海中に投入されるところ)


    • CTD採水システムの構成

       このシステムは、CTDセンサと採水装置を組み合わせた水中局、船上局(水中局から送られてくるデータを受信するデッキユニット、デッキユニットが受信したデータを収録・表示するデータ収録PC)、およびそれらを接続するケーブルとで構成されます(図2,3,4,5)。水中局はクレーンを用いて海面上に吊り上げられた後、ウインチに巻かれたアーマードケーブル(同軸ケーブルを鋼線で被覆したもの)と呼ばれる特殊ケーブルを繰り出して海中に降下させます。水中局が計測した値は、アーマードケーブルを介して直ちにデッキユニットに伝送されます。デッキユニットが受信した計測データは、データ収録PCに保存されると同時に、専用のソフトウェアを使って監視されます。また、船上局から採水信号を発することでニスキン採水器の蓋を閉め、任意層の海水試料を採取することができます。

      CTD採水システム 構成図

      2 CTD採水システム 構成図

      CTD採水システム 船上局

      3 CTD船上局の構成

       船上局はデッキユニット、データ収録PC、モニタなど入出力機器で構成されます。写真は練習船おしょろ丸(北海道大学)のCTDオペレーションルームの様子を写したもので、デッキユニットとデータ収録PC2台ずつラックに納められており、そのすぐ隣にモニタやキーボードが設置されています。

      CTD採水システム  水中局

      4 CTD水中局の構成