Topic outline

  • バランスドオーシャン - 海を学び 生き物を知り 研究する -


    バランスドオーシャン事業のSNS

    Twitter Instagram Facebook

    ■Balance de Ocean--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    LASBOS:Learningand Study by Balance de Ocean System (LASBOS)
    repun:アイヌ語で「海」を意味します。
    Moodle:バランスドオーシャンが採用している eラーニングシステム/プラットフォームです。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  • What’s Balance de Ocean ?

     バランスドオーシャン事業は,「海のトップサイエンティストの早期発掘と育成」を目指した教育プログラム(北海道大学機能強化促進事業2019 – 2023)です。従来の対面式の授業や実習に加え,それを強化するためのオンライン教材を提供し,早期に学生の研究志向性を高め,海のトップサイエンティストとなる人材を育成するものです。また,オンラインの利点を活かし大学の国際化にも貢献することを目指しています。

     大学の限られた資源のもとで持続的にプログラムを進めるためには,「研究の加速」と「教育の質向上」を両立(バランス)させなくてはなりません。まずは,海の分野からということで,Balance de Ocean(バランスドオーシャン) と名付けました。将来的には,海の分野に限らず,北海道大学の各学問分野を“Ocean”に見立て,それぞれの海を自由に航行できる教育システムの構築を目指しています。

     具体的には,教育システムプラットフォームとして普及している「Moodle」を用い,独自のオンライン教材を開発して全世界にインターネット公開します。日本や世界中の人々が海の学問に関心を持ち,北海道大学への進学を目指すきっかけを提供します。北海道大学の学生をはじめ,北海道大学での学びを志す人達が,場所や時間の制約を越え,また分野や学年の垣根を越えて主体的な学びと探究を進める仕組みです。優秀な学生が集い,共に育ち,社会教育への貢献を通して,北海道大学が人類社会に貢献することを目指します。 

     このMoodleのシステム名称として,「バランスドオーシャンを通じた教育研究」Learning and Study by Balance de Ocean System (LASBOS)を冠につけて,LASBOS Moodleと呼ぶことにしました。

     バランスドオーシャンでは,大学一年時に学ぶ全学教育に相当する内容から,実験・実習,専門教育,そして第一線の研究内容まで,多種多様かつ多言語化されたオンライン教材(コース)を数多く公開しています。こうしたコースの海を自由に航行して人類の課題である「持続可能性水産科学」における学びを深め,課題を解決する新しい研究や取組みを生み出していただくことを願っています。











    北海道大学大学院水産科学研究院長 木村暢夫(KIMURA Nobuo)


    • LASBOSでの学び

      LASBOS Moodleサイトホーム(https://repun-app.fish.hokudai.ac.jp/

      eラーニング教材のLASBOS Moodleでは,研究レベルの内容から,それを理解するのに必要な学問基礎の内容までを含みます。その他,北水ブックスの電子版やコラム集,雑学など,どなたでも楽しめるコンテンツを用意しています。




    • 全学教育から研究への発展

      ワンパッケージの教育プログラム、全学教育から研究へのステップアップ LASBOS Moodleでは,北海道大学の学生が分野や学年の枠を超えて海を学べる仕組みを作ります。ウエブの特長を生かして,あるテーマの教材から別の教材へリンクさせます。そして,リンクを辿って自由に学び,研究まで発展させることを目指しています。研究紹介や研究データを使った解析演習のコース(Moodleのオンライン教材)から,それらを理解するのに必要な学問基礎の内容までを含みます。さらに,従来の実験や実習の授業を強化するため,動画教材を多用したオンライン教材の開発も行っています。全学教育で学ぶ内容が,どのように専門教育につながり,どのような研究につながるのかを学生に提示することで,大学1年生のうちから研究を意識してもらい,研究志向性の早期発掘と育成を目指しています。



      • 動画教材による学びと発信

         バランスドオーシャンの動画教材は,YouTubeに専用チャンネル “LASBOS YouTube” を開設して一般公開しています。 “lasbos youtube hokudai” で検索してください。さらに,LASBOS YouTube動画に関連したコレクションカード(LASBOS card)を作りました。このLASBOS cardは,北海道⼤学総合博物館内の⽔産学部展⽰スペース(札幌)や⽔産科学館(函館)をはじめ,学内外で配付しており,広く情報発信を行っています。順次,動画教材やカードの種類を増やしていきます。

      • 多言語化

         教材の多言語化も同時進行させて海外大学の学生にも利用してもらいます。オンラインでの留学前指導を可能にし,優秀な留学生を戦略的に集めることにも利用します。

      • バランスドオーシャン運用部

        統括
        向井徹 教授

        教員
        岸村栄毅 教授 大木淳之 准教授 芳村毅 准教授 藤田雅紀 准教授 上野洋路 准教授 熊谷祐也 助教

        特任助教
        安孝珍  山下俊介 閻乃筝

        特定専門職員,技術補助員

        ----------------------------------------------------------
        お問い合わせ先:
        バランスドオーシャン運用部
        〒041-8611 北海道函館市港町3-1-1
        北海道大学水産学部 マリンサイエンス創成研究棟1階
        TEL : 0138-40-8885    e-mail : lasbos_info [at] fish.hokudai.ac.jp