【動画】LASBOS card 017

アナアオサ

学名: Ulva pertusa 

緑藻で日本各地や朝鮮半島に分布し、岩礁潮間帯から水深数mまでの浅い所に生育。葉は二層の細胞からなり、形は楕円形、広披針形、不定形など様々で、大小多数の孔があく。葉長20~30 cm。一年中観察できる海藻。胞子体と配偶体は同形、配偶体は雌雄異株。縁辺部から成熟する。属名Ulvaはケルト語で水を示すul(ウル)に由来。有用成分のカロテンやキサントフィルを含み、家畜の飼料、食品や医薬品の材料として利用される。