二酸化炭素の溶解平衡、炭酸成分と水の解離平衡の式と変形(再復習)

これまでの式(1)~(8)を再度書き出してください。

式(6)~(8)は、【各炭酸成分】= (K1, K2, 【H+】の式)×【DIC】  の式です。

先ほどの式(7)~(8) には、b  が含まれていたので、式(6)よりb を代入しましょう。


式が複雑なので、分数式の中に分数があるような箇所は、整理してください。

整理された式を、新たな式(6)~(8)とします。


整理した例を記します。

【HCO3-】 = K1・【H+】・【DIC】/ (【H+2 + K1【H+】 + K1K2)  式(6)

【CO32-】  = K1・K2・【DIC】/ (【H+2 + K1【H+】 + K1K2)    式(7)

【H2CO3】 = 【H+2・【DIC】/ (【H+2 + K1【H+】 + K1K2)  式(8)


発展問題では、式(6)~(8)、DICとアルカリ度の定義をつかって、pH, DIC, pCO2, アルカリ度の関係を数式化します。したがって、式(6)~(8)を導き出せることが最も大事なのです。





Diperbaharui kali terakhir: Jumaat, 26 Jun 2020, 8:00