海ができたころ

 海は、地球誕生のあと数億年以内にできました。海洋底は玄武岩質(CaSiO3 )で覆われていましたが、それが徐々に溶けだして、海水にCa2+を供給します。大気から海洋に吸収された二酸化炭素はCa2+と反応して炭酸カルシウム粒子として堆積します。これをまとめた反応が以下になります。

CaSiO3 + 2CO2 + H2O  → CaCO3 + CO2 + H2O + SiO2





(地球誕生から大陸が無い時代まで)


Diperbaharui kali terakhir: Jumaat, 26 Jun 2020, 6:39