南極底層水

 北大西洋高緯度域では、表層の高塩分水が海面冷却され高密度化します。その高密度水は深度25004000mまで沈み込み北大西洋深層水を形成します。深層水は毎冬形成されるので、次々と高密度水が深層へ押し込まれるイメージです。すると北大西洋深層水は南下して赤道まで押し込まれ、さらには南極深層還流(南極大陸周辺をグルグル回る深層海流)と合流します。南極還流では鉛直混合が活発で、氷縁付近で再冷却されブライン水を含みながら、最も高密度の南極底層水を形成します(下図参照)。




南極底層水は大西洋、インド洋、太平洋の底に接しながら北上する。各大洋の海底に這うように北上する南極底層水は、海底地形に沿って大河のように流れる。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------

深層水と底層水(まとめ)

北大西洋の高緯度域で、高塩分の表層水が冷やされて高密度化

 → 深層3000~4000mまで沈み込む(北大西洋深層水)

  → 毎年、次々と押し込まれて、南下、南極深層還流に合流

   → 南極で再冷却、海氷生成で排出される高塩分水(ブライン水)と混ざり高密度化
     (世界で最も重たい南極底層水)
     → 各大洋の底を這って北上する、南極底層水

--------------------------------------------------------------------------------------------------------


Last modified: Thursday, 28 May 2020, 4:17 PM