大西洋の高塩分化、太平洋の低塩分化

 大西洋の熱帯域で蒸発した水蒸気は貿易風に乗って、その一部は中米の低い山を越え太平洋にもたらされます。いっぽう、太平洋~インド洋の熱帯で発生した水蒸気は東アジア・モンスーンの雨により太平洋に戻る。水蒸気の一部は偏西風に乗って北米西岸に達しますが、ロッキー山脈に遮られ雨になり、結局、太平洋に戻されます。



 この結果、大西洋では高塩化、太平洋では低塩化が進みます。大西洋、太平洋ともに、亜熱帯域が高塩分なのですが、太平洋の亜熱帯の塩分(34~36‰)が大西洋の亜寒帯の塩分と同じくらいなのです。(上の図で、白い太線の内側)

 ‰(パーミル)は千分率なので、1キログラムの海水に、大西洋では塩が34.5g、太平洋では32.5g含まれるのに相当します。僅か2gの違いなのですがが、この違いが海洋大循環を駆動する密度差を生みます。

(塩2gって、どれくらいでしょうか。親指と人差し指で軽く4回つまみとるくらいです)


大西洋と太平洋の塩分の値を頭に入れてください。。




Last modified: Friday, 25 December 2020, 1:29 PM