塩の定義と、表層塩分を決める要因

 海水に溶けているものは何かと聞けば、“シオ(塩)”という答えが多く返ってくるでしょう。海水に溶けている“シオ”の主成分は、強電解質のナトリウムやカリウム、マグネシウム、カルシウムなどの陽イオン成分(Na+, K+, Mg2+, Ca2+ etc.)と塩素や臭素、硫酸などの陰イオン成分(Cl-, Br-, SO42-)です。海水に溶けているイオン成分の総量を塩分(Salinity)といいます(補足参照)。

 これらイオン成分の濃度や成分比率はほぼ一様ですが、海洋表面付近では淡水の流入や蒸発により僅かな塩分変化が生じるため、海域による特徴が見られます。例えば、亜熱帯海域では蒸発が淡水流入を上回るため高塩分(3437.5‰)、亜寒帯表面はその逆で低塩分(3234‰)なのが特徴です。亜熱帯で蒸発した水が亜寒帯に降雨でもたらされるのが大まかなイメージです。

 亜熱帯の塩分を大雑把に3437‰と記しましたが、北太平洋と北大西洋の亜熱帯で比べると、それぞれ3435.5‰と3637.5‰と、北大西洋の方が高塩分なのです。 この若干の差が、海洋深層循環を特徴づけています。






--------------------------------------------------------------------------------------------------

海洋表層の塩分(まとめ)

北太平洋: 亜熱帯(34~35.5‰)>亜寒帯(32~34‰)

 → 亜熱帯のほうが2‰(=0.2%)ほど高い。


亜熱帯 北太平洋:34~36.5‰

亜熱帯 北大西洋:36~37.5‰

 → 大西洋のほうが2‰(=0.2%)ほど高い。

---------------------------------------------------------------------------------------------------



Last modified: Wednesday, 22 April 2020, 12:52 PM