Topic outline

  •  「サイエンスをする」というと、立派な施設で実験をしたり、スーパーコンピューターで複雑な計算をしたりすることを想像しませんか? そのようなサイエンスもありますが、皆さんのお家でパソコンが1台あれば、本格的なサイエンスができることもあるのです。例えば、海洋学。世界中の海洋学者たちが、日々、海洋観測をして科学データを蓄積しています。個々の海洋学者は、自分の研究目的に沿ったデータ解析をして、そのデータと解析内容を論文にして公表しています。一旦公表されたデータは、誰でも再利用することができます。国の機関が税金を使って得た科学データも、一定期間を経たら、公表されます。現在、膨大な量の海洋データが公表されていますが、まだまだ解析の余地が残されているものばかりです。そのようなオープンデータを使えば、誰でも、本格的なサイエンスができるのです。誰でも、サイエンティストになれるのです。

     実際、公開されている膨大な量の海洋データを解析する研究者は沢山います。「膨大なデータを扱う」というと、ビッグデータをAIに任せて解析とかを想像してしまいますよね。私、個人的には、膨大なデータから興味深い点を選び出して、手作業でグラフを作って、数値と睨めっこしつつ、見えない海の現象を想像して、その現象を論理的に説明できないか、頭をひねるのが好きです。本サイトでは、そのような、泥臭いような、ちょっと昔ながらのサイエンスに導くことを目指しています。

     一般公開されている海洋データを、私が図にして、珍しい特徴を見出して、アレコレ考察した例をご覧ください(→ここをクリック)。たぶん、世界中のどの教科書にも載っていないことなので、サイエンスの入り口と言える内容だと思います。そのデータの解析を進めていたときは、ワクワクして楽しかったです。自らサイエンスを始めることが、どんなに楽しいのか、皆さんにも経験してもらいたいです。

     本サイトは、「サイエンスを始めてみる」をお手伝いする目的で、北海道大学大学院水産科学研究院(担当:大木淳之)が開設しました(2023.10~)。

  • 「海洋学でサイエンスを始めよう」の構成

  • About us